頭皮ケア110番 > 頭皮の悩み > 帯状疱疹と頭皮

頭皮にできる帯状疱疹

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、水ぼうそうを起こすウイルスと同じ、水痘と帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる病気です。

水ぼうそうのは、子どもの時であれば1週間程度で治りますが、決してウイルスが消滅したわけではありません。

過度のストレス・大きな病気・手術・加齢といった免疫力が低下した時に帯状疱疹ウイルスは復活し、活動を再開してしまいます。

そして、皮膚に帯状の水ぶくれができることから「帯状疱疹」と呼ばれています。

帯状疱疹は神経に作用する病気なので、ズキズキとした痛みを伴ってしまうのです。

以前は、高齢者の方がよくかかる病気でしたが、現在では若い年代の方も発症するようになっています。

また、帯状疱疹は、身体の一部分だけではなく、頭皮にもできてしまいます。

頭皮の部分から顔にかけて帯状にできるので、非常に目立ってしまう可能性があります。

頭皮にできる帯状疱疹の痛みには個人差がありますが、神経に作用するところは変わらないので、相当な痛みになると言えるでしょう。

頭皮にできる帯状疱疹は、目のあたりにできることで、失明してしまう危険性があります。

非常に危険な病気ですので、早急な治療が必要です。

帯状疱疹の治療

帯状疱疹の治療は皮膚科で行われます。

帯状疱疹ウイルスに対しては、抗ウイルス薬が使用されます。

この薬は、帯状疱疹ウイルスを繁殖させないようにし、神経へのダメージを軽減してくれます。

また、痛み止めの薬には、消炎鎮痛薬が用いられています。

帯状疱疹の治療は、この2種類の薬の使用が一般的です。

帯状疱疹が人に感染することは滅多にありません。

しかし、子どもの時に水ぼうそうにかかったことがない人は、感染する恐れがあります。

また、免疫力が弱っている妊婦や高齢者に感染する可能性もあるので、気を付けましょう。

帯状疱疹は早期に発見することで、すぐに治ります。

そのため、自分の身体に異変が起きたら、すぐに皮膚科に行きましょう。