頭皮ケア110番 > 頭皮の悩み > 頭皮の真菌

頭皮に住みついている真菌(カビ)

マラセチアと呼ばれる真菌は、人間の頭皮に住みついている常在菌です。

常在菌とは人の身体に存在している微生物で、多くの方に共通して見られます。

真菌は、10万種類以上あると言われており、善玉の真菌と悪玉の真菌に分かれています。

頭皮に住んでいる真菌は、フケや臭いの原因となるので、悪玉の真菌であると言えます。

真菌は、頭皮が正常な状態であれば増えることはありませんが、人の免疫力が低下していると、真菌は増加し頭皮のトラブルを起こしてしまいます。

特に、皮脂が異常に分泌された状態の時にマラセチアは増加します。

そのため、余分な皮脂を残さないように、しっかりと髪の毛を洗って清潔に保ちましょう。

カビの繁殖を防ごう

シャンプーの種類によって、カビが繁殖してしまう原因となります。

人間の皮膚は弱酸性でできていて、カビや細菌への殺菌作用を持っています。

頭皮が正常で、弱酸性の皮膚を維持していれば、カビが繁殖することはありません。

しかし、界面活性剤が配合されているアルカリ性のシャンプーを使用することで、頭皮の弱酸性と中和されてしまいます。

そうなると、カビや細菌への殺菌作用が弱まり、カビが繁殖してしまいます。

そのため、アルカリ性のシャンプーではなく、弱酸性であるアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

また、シャンプーをした後に、しっかりと乾かさず、自然乾燥に任せているとカビが繁殖してしまう原因となります。

それは、頭皮に水分が残り、蒸れてしまうからです。

そのため、髪の毛を洗った後は、ドライヤーでしっかりと乾かす習慣をつけましょう。

カビが繁殖することで、フケの量が多くなり、かゆみが生じてしまいます。

もっと症状が悪化すると、頭皮が痛くなり、そして薄毛や抜け毛といった現象が起こってしまいます。

シャンプーの種類を変えてみることで、カビの繁殖を防げます。

是非試してみてください。

それでも心配である方は、皮膚科を訪れてみてください。

専門医から今度の対策について、話を伺えると思います。