頭皮ケア110番 > 頭皮の悩み > 頭皮と乳液

頭皮ケアと乳液について

頭皮ケアを行う際に、顔用の乳液を使用しても良いのかどうか気になっている人は少なからずいらっしゃいます。

確かに、フケや痒みといった頭皮トラブルは乾燥によって引き起こされるケースが多く、顔の皮膚と同じように頭皮も保湿を心掛けなければならないのです。

頭皮の潤いが失われることでターンオーバーのサイクルに乱れが生じ、ハリのある頭皮を維持できなくなるため、乳液やローションを使用しようと試みるのは決して間違いではありません。

しかし、顔専用の乳液を頭皮に使用するとベタベタとして不快感を煽る可能性が高く、髪の毛も乳液の使用によって脂っぽくなってしまいます。

毛穴の中に乳液の成分が詰まり、トラブルを引き起こすことも十分にあり得るので、できる限り専用の製品を使ってケアを行った方が良いのです。

もちろん、顔も頭皮も同じ皮膚という点では変わりないので、アレルゲンとなる成分が化粧品の中に含まれていないのであれば、肌が爛れたり赤くなったりというアレルギー反応が引き起こされることはないでしょう。

それでも、乳液を直接頭皮に使用するのではなく、別の方法で保湿ケアを行った方が効果も安全性も高くなります。

せっかく様々なメーカーから頭皮専用のローションやトニックが販売されているため、その化粧品を使わない手はありません。

下記のようなトニックがケンコーコムでは人気を得ているので、お好きな製品を使って頭皮ケアを行ってみてください。

 

Clesh(クレシュ)MEN:ジェット噴射でスプレーするタイプで清潔な頭皮を保ってくれる

薬用ヘアートニック新滋源:生薬エキスが含まれており発毛促進を図ってくれる

ヘッドリフレッシャー:天然フレッシュアロマで気持ち良い爽快感が特徴

ヘアチャージャー:センブリエキスなどが含まれておりヘアサイクルを正常化してくれる

マッサージトニックEX:海藻エキスやセンブリエキスで頭皮の保湿を促してくれる

 

頭皮は皆さんが思っている以上にデリケートなので、自分の肌質に合ったトニックやローションを使って保湿ケアを行う必要があります。

含まれている成分だけでは確かなことは分からないかもしれないので、実際に頭皮に塗布して使用感を確かめてみるのも大事です。

恐らく、頭皮に使用する乳液は販売されていないので、潤いを与えるためにローションやトニックといったアイテムを使ってみましょう。

また、頭皮の皮脂を奪いすぎないように、毎日使用しているシャンプー剤の種類にも気を配るべきです。