頭皮ケア110番 > 頭皮の臭い

頭皮の臭い【原因】

頭皮が臭う原因は、いったいぜんたい何故なのでしょうか。

結論を言うと、頭皮のいやな臭いは皮脂が酸化したものが原因となっています。

酸化した皮脂は、普通にシャンプーをしていても汗や皮脂は整髪料等と混ざり合うことで頭皮にこびりついてしまいます。

もともと頭皮というのは肌の中でも毛穴が多く密集しているため、他の部位と比べても皮脂の分泌が多いのです。

この汚れが頭皮の臭い・べたつき・フケといった頭皮トラブルの原因になるということが現在わかっています。

シャンプーをゴシゴシやって頭皮の汚れを落とそうとしても、既に蓄積している皮脂が毛穴を塞いでしまっている場合はスムーズに落とす事もできません。

ですから、汚れが落ちていないのに臭いを香料で誤魔化そうとするのはその場しのぎの対策にしかならず、雑菌の繁殖・皮脂の酸化といったように更なる汚れを生み出してしまい逆効果になってしまうのです。

また、毛穴に詰まった汚れをそのまま放置していると、皮脂をエサとして生息する「皮膚ダニ」が発生してしまう原因にもなってしまいます。

要するに、頭皮の臭いの最大の原因は頭皮の毛穴に詰まった汚れであり、この汚れを取り除くことが頭皮の臭い対策になるということです。

それでは次に、頭皮の汚れを取り除く方法、臭いを解消する対策についてご説明いたします。

頭皮の臭い【対策】

頭皮の臭い対策としては、当然ですが頭皮に蓄積された汚れを落とすことになります。

しかし、普通にシャンプーをしているだけでは蓄積された汚れを落とすことはできません。

その証拠に、毎日シャンプーをしているのにも関わらず頭皮の臭いに悩んでいるという人は非常に多いです。

シャンプーでは落とせない頭皮の汚れを落とすには、簡単な頭皮クレンジングをするのが最適な方法です。

頭皮クレンジングで30秒程度のマッサージすると頭皮や毛穴にはりついたしつこい汚れを浮かせることができるので、頭皮に無理なくキレイに落とすことができます。

さらに、専用のクレンジングオイルを使用すれば、単に汚れを落とすだけではなく、頭皮に潤いと栄養を与えることができ、頭皮の臭いを解消することができるのです。

最近、男女関係なく頭皮クレンジングが人気になっている理由はこのためです。

頭皮クレンジングの方法・専用のクレンジングオイルについては利尻頭皮クレンジングをご覧ください。

頭皮の臭いとシャンプー・リンスについて

シャンプーを毎日しているのにも関わらず頭皮が臭ってしまうのは頭皮の毛穴に蓄積された汚れが原因であり、これはシャンプーだけではなかなか落とすことができません。

先程も書きましたが、頭皮の臭いの原因となっている汚れをキレイに落とすためには頭皮クレンジングが最適です。

ただ、せっかく頭皮クレンジングで汚れを落としても、日頃のシャンプーが悪ければ効果も半減してしまいます。

まず、合成シャンプーの場合、合成シャンプーの成分が汚れを包み込んでしまい毛穴に汚れがたまってしまうことがよくありますので避けましょう。

おすすめは、汚れが完全に落ちる石鹸シャンプーです。
(厳密には石鹸シャンプーも合成シャンプーに含まれるのですが、当サイトでは科学成分が少ない無添加のシャンプーという意味で使っています。)

シャンプーの後は、できるだけ合成シャンプー用のリンスは使わずに、クエン酸成分のリンスを使うようにしましょう。

クエン酸成分のリンスは、うすめて使うクエン酸リンスのように安い値段のものも多くありますので、楽天市場などで手に入れておくとよいでしょう。

頭皮の臭いを防ぐシャンプー・リンスのポイント

頭皮の臭いを防ぐためのシャンプー・リンスの仕方について、ポイントをご説明いたします。

※当サイトが推奨している利尻頭皮クレンジングを使う場合、シャンプーはクレンジング後に行います。

なお、シャンプーにしろリンスにしろ、流し残しが最も頭皮の臭いの原因になりますので、シャワーで念入りにすすぐようにしましょう。(最低でも2〜3分を目安に)

リンスの場合、すべて洗い流してしまうと効果がなくなってしまうのではないかと思っている人もいるようですがそれは間違いです。

最後に、シャンプー・リンス後はちゃんとドライヤーをかけて乾かしましょう。

生乾きのまま寝てしまうと、髪の毛に残った水分によって雑菌が繁殖しやすくなります。

これは頭皮だけではなく髪の毛が臭う原因にもなりますので注意してください。