頭皮ケア110番 > 頭皮のにきび

頭皮のにきび

頭皮は、非常に皮脂が活発に働いている場所なので、にきびができやすくなっています。頭皮は髪の毛に覆われているため、中々気付きづらいでしょう。しかし、頭皮のにきびは、一般的な顔にできるにきびと同様に、初期の段階で対策を打たなければ患部が膿んでしまう可能性があるので気を付けましょう。にきびが悪化することで、痛みを伴ってしまいますので早めの治療を心掛けてください。

頭皮のにきび【原因】

頭皮にできるにきびは、頭皮の毛穴の中に汚れが詰まることで起こります。これは、シャンプー剤などの洗い残しが残り、毛穴に詰まることでも汚れになってしまいます。また、日々のストレスが溜まり、ホルモンバランスが乱れることで、頭皮ににきびができる原因となってしまいます。この頭皮のにきびを放置していることで、将来、脱毛を起こす原因となります。にきびがあちこちにできると脱毛の箇所もあちこちにできる危険性があるので、十分に注意してください。

頭皮のにきび【対策】

頭皮にできるにきびを作らないようにするためには、毛穴の中に汚れが詰まらないようにすることが大切です。そして、シャンプー剤の洗い残しにも気を付けてください。念入りにお湯で洗い流す必要があります。にきびをできにくくするために、頭皮の環境を整えることが重要です。また、ストレスに関しては、溜め込み過ぎないように、日々の生活に気を遣いましょう。なるべく紫外線を受けないようにして、バランスの取れた食事を摂取するようにしてください。頭皮ににきびができたことで悩んでしまい、その悩みによってさらにストレスが溜まってしまう方がいらっしゃいます。そこまで悩まず、リフレッシュすることを心掛けましょう。生活習慣の改善によってもにきびが治らないという方は、専門医の診断を受けてみてください。レーザーを使用した治療法やイオンを使用した治療法があるので、相談してみましょう。

頭皮のにきびについて(あらためて)

顔の皮膚や頭皮、背中など体中にできるにきび。その原因が何であるのか知っているでしょうか。それはアクネ桿菌という生物によって惹き起こされる炎症のことなのです。一般に頭皮など皮脂がたくさんできやすい場所にアクネ桿菌は住み、その皮脂を栄養分にして生きているとされています。ですので、にきびをつくりたくなかったら皮脂を乗り除く努力をしなければなりません。頭皮から皮脂を取り除くのであれば、シャンプーやリンスなどをしれば良いですし、顔の皮膚ならば、洗顔フォームで顔を綺麗に洗えばよいでしょう。

にきびはシャンプーやリンスの落とし忘れでも発生します。頭皮ににきびがあるという人の原因はシャンプーやリンスを落とし忘れかもしれませんよ。シャンプーやリンスを落とし忘れることで、にきびの原因菌であるアクネ桿菌が侵入してきます。頭皮には直接関係して来ませんが化粧の落とし忘れもにきび原因になるのです。綺麗な肌に一度にきびができると治療するのに一苦労になりますよ。できる限り肌の状態を良好に保つように努力しましょう。どんなに疲れていても、化粧は落とし頭も綺麗に洗い流すことがにきび対策なのです。

肌は簡単に切れてしまう薄い膜でできているため、体内にある器官の中でも敏感な器官の1つなのです。それは頭皮だって同じです。にきびができている人って、不健康な生活をしているイメージありませんか。にきびが健康のバロメーターにもなっているのです。不健康な生活を送っていればにきびは顔中、頭中に広がり、健康な生活習慣を送っていればにきびなんて発生しないのです。アクネ桿菌なんて免疫力で簡単にやっつけてしまえるのですから。頭皮にできるにきびは顔にできるニキビより巨大化する恐れもありますので注意してください。

夏は汗をかきやすくにきびが発生しやすい季節なのです。汗に含まれている成分は水分だけでないのです。糖分やタンパク質も汗には含まれているのです。汗をかくと襟元が汚れるのは主にタンパク質や糖分が原因だといわれています。体から出た汗は服が吸収してくれるのでそれほどべたつきませんが、頭皮かた分泌された汗は髪の毛にくっつきますので、髪の毛全体がべた付くのです、その頭皮の状態を放っておくと、にきびになるのです。体の汗だけでなく頭皮の汗もきっちりと拭き取り洗い流すことがにきびの防止策なのです。