頭皮の傷について

頭に何かがぶつかったり、爪でひっかいてしまうことで、頭皮に傷ができてしまいます。

この傷を放置しておくことは、決して良いとは言えません。

軽い傷であれば、自然に治る可能性もありますが、小さな傷口から細菌が入り込んでしまう場合があります。

特に髪の毛は細菌が付きやすい部分ですので、簡単に頭皮の傷に入り込めてしまいます。

そして、最初は小さな傷でも細菌が入り込むことで、頭皮が炎症する恐れがあるのです。

頭皮はデリケートな部分ですので、一度炎症を起こすと長い期間治らなくなってしまいます。

そのため、小さな傷でも見逃さないようにしましょう。

頭皮の傷を作らないようにしよう

頭皮の傷は、頭皮のトラブルの中で、一番初期の段階であると言うことができます。

頭皮の傷を放置することで、かゆみ・フケ・痛み・炎症といった症状に発展してしまうのです。

頭皮のトラブルを起こさないためには、頭皮の傷を作らないようにする必要があります。

しかし、不慮の事故によって、頭皮に傷ができてしまうことがあるので、ここでは省いて説明していきます。

それ以外の原因は、髪の毛を洗っている時にあります。みなさんは髪の毛を洗う時どのような洗い方をしていますか?

もし、力を入れ爪を立てて洗っているという方がいれば、大変危険であると言えます。

爪で頭皮をひっかいてしまうことで、傷はできてしまいます。

そのため、シャンプーをする際は、十分に気を付けなくてはならないのです。

決して、爪を立てて洗ったからといって、汚れが落ちやすくなるわけではありません。

むしろ頭皮を傷つけるだけで、何も得はないのです。

髪の毛は優しく指の腹を使用して洗う必要性があります。

これだけでも、十分に汚れを落とすことができます。

また、ブラシを使用して髪の毛をブラッシングする際も、必要以上に力を入れてはいけません。

頭皮は傷つきやすい部分ですので、「優しく」を心掛けていきましょう。