頭皮ケア110番 > 頭皮の悩み > 頭皮が黄色

頭皮が黄色い状態

頭皮が黄色い状態は、十分な水分と油分がないと言えます。

これは、過度のストレスを感じていたり、寝不足になっていることが原因で、頭皮が黄色くなっています。

また、頭皮の血行が悪くなっていることで、黄色く変化している可能性もあります。

まずは、ストレスを適度に発散させ、十分な睡眠をとりましょう。

そして、洗髪を行う際に、マッサージをして頭皮の血流を良くしてあげましょう。

これらを欠かさずに行うことで、黄色い頭皮は改善されます。

頭皮が黄色い状態は、頭皮が赤くなる前兆です。

一度、頭皮が赤くなると、元の正常な頭皮に戻すには、かなりの時間を費やしてしまいます。

そのため、頭皮が黄色であるうちに、しっかりとした対策を行って改善していきましょう。

頭皮の色による健康具合

頭皮の色によって、ある程度、状態を計ることができます。

一般的に健康な方の頭皮は白色か青白くなっています。

しかし、頭皮が刺激を受けている時は、色が黄色になります。

このような状態の方は、抜け毛が増え、薄毛が進行している可能性が高いので気を付けなければなりません。

そして、頭皮が赤みを帯びた場合は、症状がかなり進んでいる状態なので、早急な対策が必要です。

頭皮が赤くなっている状態は、痛みを伴うことが多いので、異常にすぐ気付くと思われます。

自己ケアでは改善が難しいので、皮膚科に行きましょう。

頭皮から出る黄色いフケ

一般的なフケの色は白ですが、頭皮の状態によっては黄色いフケが出る場合があります。

この黄色いフケは、過剰に分泌された皮脂がフケと混ざり合い、黄色く変色しているのです。

黄色いフケが出る場合は、より頭皮が炎症を起こしていると言えます。

そのため、皮脂が多く分泌されないようにしっかりと健康管理を行いましょう。

また、シャンプーにも気を遣ってください。

洗浄力の強いシャンプーやトリートメントを使用することで、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。

頭皮に皮脂がなくなることで、さらに皮脂の分泌量は増えてしまいます。

こうならないように、適度な皮脂を含んでいる頭皮を目指しましょう。