頭皮ケア110番 > 頭皮のかさぶた

頭皮のかさぶたは治りづらい

頭皮にできるかさぶたは、他の部分にできるかさぶたとは違い、治りにくいという特徴があります。また、一度治ったと思っても再発しやすいことも挙げられます。また、頭皮にできているものなので、自分では気付かないことが多くなっています。気付かずに放置していたことで、状態が悪化してしまうという方も少なくありません。頭皮のかさぶたは、かゆみを生じることがあります。

頭皮のかさぶた【原因】

頭皮のかさぶたは、皮脂腺から分泌される皮脂が固まったものが原因であると考えれています。適度に皮脂を取り除いていかないと頭皮にかさぶたができてしまうのです。かさぶたができた際に、取ったり、かいたりしないでください。患部を刺激することで、症状が悪化し、完治しづらくなってしまいます。無理に剥がそうとしなくとも、かさぶたは自然に剥がれていくものです。また、頭皮のかゆみで説明していますが、シャンプー剤の洗い残しによって、頭皮にかさぶたができてしまいます。シャンプー剤を洗い残すことで、様々な悪い影響が起こってしまうので気を付けましょう。

頭皮のかさぶた【対策】

頭皮にかさぶたができないようにするには、しっかりとシャンプーで汚れを落とし、洗い残しがないように十分にお湯で濯ぐことが大事です。シャンプーをしている最中は、爪を立てて洗わないように気を付けてください。爪で頭皮が傷つくと、かさぶたができる原因となってしまいます。お湯で洗い流す時間は髪の毛の長さによって変わってくると思いますが、長すぎるぐらいがちょうど良いと言われています。また、頭皮のケアは生活習慣が少なからず関係しています。頭皮環境を整えるには、食生活の乱れや睡眠不足といった自分の生活習慣を見直さなければなりません。頭皮の湿疹の対策と同じように、ビタミンB2とビタミンB6を含んでいる食品を多く摂取するようにしましょう。そして、睡眠不足はストレスを溜め込む一番の原因ですので、十分な睡眠を心掛けましょう。自宅でできるケアには限界があるので、症状が酷い場合には医師の診断を受けましょう。

頭皮のかさぶたについて(あらためて)

あなたは頭皮にかたぶたができたことがあるでしょうか。頭を何かにぶつけて頭皮から出血し、その結果かさぶたができた人もいることでしょう。この頭皮にできるかたぶたの正体は、血液成分が固まったものなのです。頭皮などから出血をすると、血液が空気に触れます。空気に触れることで血漿中や血小板に含まれている凝固因子が活性化するのです。すると血漿中に含まれていたフィブリノーゲンから繊維状のフィブリンが生成され、このフィブリンが赤血球や白血球を絡み取って血餅が出来上がり、これがかさぶたのもとになるのです。

知らないうちに頭皮にかさぶたができることがあるのです。この頭皮のかさぶたの原因は主に脂漏性湿疹にあるのです。もっと簡単に説明するとアトピー性皮膚炎を持っている人の頭皮にかさぶたができやすいということです。もちろん、アトピー性皮膚炎の人は頭皮 だけでなく全身の皮膚でかたぶたができやすくなります。頭皮以外には額、下腹部など脂が良やすい部位にできるものが脂漏性湿疹なのです。アトピー性皮膚炎の人がクリームなどを塗って対処することができると思いますが、あまりにひどい場合には今すぐ皮膚科を受診してください。

青春期や脂肌性の人は頭皮に気を付けてください。シャンプーやリンスなどで頭皮の脂を毎日取り除かないと紫外線や細菌が原因んで頭皮の脂質が酸化してしまうのです。酸化してしまうと、酸性物質により皮膚が傷つく恐れがあるのです。これがひどくなると、頭皮にかさぶたができる湿疹ができるのです。原因菌はマラセチアです。カビの一種ですので、かたぶたができないように頭皮を清潔に保つ必要があります。特に汗をかきやすい夏や帽子をよく被る人は頭皮キレイに保つべきです。肌にストレスを与えないように日々の生活に気配りをしましょう。

人体からビタミンB2やビタミンB6が不足してくると、どんな症状が出てくるかご存知でしょうか。それは脂漏性湿疹を惹き起こし、頭皮にかたぶたができてしまいます。頭皮にかたぶたができる前に予防をすることが大事になります。例えば、ビタミンが原因ですので、ビタミンB群を含む食品やサプリメントを摂取すればよいだけの話です。それでも頭皮にかさぶたができてしまう人は帽子をかぶるなどの紫外線対策を行ってみてください。それでも治らなければ、シャンプーやリンスが原因かもしれません。値段が高くても肌に合ったものを使うようにしましょう。