頭皮ケア110番 > 頭皮の乾燥

頭皮の乾燥【症状】

頭皮が乾燥することによって、かゆみが生じる場合があります。また、ピリっとした痛みを生じる場合があります。頭皮の痛みに関しては、頭皮の痛みで説明しています。頭皮の乾燥の症状が深刻化することで、頭皮が剥がれやすくなり、フケが多量に出るといった問題を起こす可能性があるので、すぐに対策をしなければなりません。

頭皮の乾燥【原因】

頭皮の乾燥の原因は、人によって変わってきます。加齢による乾燥、自分に合わないシャンプーを使用することでの乾燥、髪の毛の洗い方の間違いによる乾燥といった原因が挙げられます。また、季節によっても頭皮の乾燥は起こります。特に冬場は、湿度が20%にいかない日が多いので気を付けなければなりません。頭皮の乾燥により髪の毛の生まれ変わりのサイクルが乱れることで、脱毛につながる可能性があります。

頭皮の乾燥【対策】

頭皮の乾燥を防ぐためには、頭皮に潤いを与える必要性があります。特に冬場は誰でも頭皮が乾燥しやすくなっているので、アミノ酸系のシャンプーを使用して潤いを与えましょう。アミノ酸系のシャンプーは泡立ちが少なく値段が高いというデメリットがありますが、頭皮や髪の毛に優しい成分が含まれています。そのため、頭皮の乾燥を防ぐためにも、アミノ酸系のシャンプーを使用していきましょう。また、髪の毛の洗い方にも気を遣わなければなりません。頭皮を傷つけるような洗い方をしていたり、洗い流しが足りなかったりすることで、黴菌が繁殖し、頭皮が乾燥してしまうので気を付けましょう。加齢による頭皮の乾燥は防ぎようがないと思うでしょうが、そんなことはありません。日々、頭皮に潤いを与えることを心掛けることで、老化の現象を緩やかにし、症状を抑えられます。乾燥肌ではない人でも、頭皮が乾燥してしまう可能性は十分にあります。日頃の頭皮のケアを怠らないようにしましょう。

頭皮の乾燥について(あらためて)

肌が乾燥すると肌荒れを起こします。乾燥する季節である冬には、ハンドクリームやリップクリームが欠かせないのは乾燥防止のためなのです。肌の乾燥が激しくなると、ひび割れを起こしそこから出血します。とても痛々しい肌に見えます。女性の方はそこまで肌の状態が悪くなると、当分の間は老けて見られてしまうので、くれぐれも気をつけましょう。肌にはハンドクリーム、唇にはリップクリームを付けることができますが、頭皮にはクリームを付けることができません。頭皮の乾燥対策は非常に難しいとされているのです。

乾燥肌の人と脂肌の人がいますが、どちらの状態も頭皮は良い状態ではないのです。本来、頭皮などの皮膚には30%水分が含まれているのですが、乾燥肌の人は頭皮などの水分が10%以下になってしまっているのです。水分摂取が少なくても乾燥肌にはなりますし、年齢ととも手に肌の水分量が落ちてくるので、それが原因である可能性もあります。また脂肌の人は脂で頭皮を覆ってしまうので、汗をかきづらく、毛穴が詰まりやすくなるのです。不衛生な状態になりやすいのが脂肌の人なのです。脂も水分もほどほどに頭皮などの皮膚にほしいものです。

冬になるとニュースなどで乾燥注意報と訴えています。乾燥注意報が出ていても、多くの人は気にしないことでしょう。しかし、乾燥注意報が発令しているということは、注意する必要があるから発令が出ているのです。空気が乾燥すると、肌から水分が奪われやすくなります。肌が薄い頭皮ではその乾燥はときに深刻なものとなるのです。シャンプーだけでなく、リンスたコンディショナー、トリートメントを行うことで、乾燥から頭皮を守ることもできます。安いリンスなどではなく、しっかり保湿してくれるトリートメントなどを購入しましょう。

頭皮が乾燥している状態は角質細胞に隙間があり、肌奥深くにある細胞からどんどんと水分が失われていく状態にあることです。角質細胞の間の半分はセラミドという成分で構成されています。これが頭皮内部の水分を保つ役割をもつ成分なのです。ですから、頭皮を乾燥から守りたければ、頭を洗う時に使うシャンプーやリンスにこのセラミド成分が含まれているものを使うべきなのです。また頭皮に限らずハンドクリームなどで肌に潤いを与えたい場合にもやはりセラミド成分配合のものを購入するとよいでしょう。豆知識として覚えておきましょう。