頭皮ケア110番 > 頭皮の痛み

頭皮の痛みと頭皮神経痛

頭皮は非常にデリケートな部分ですので、ちょっとした異常によってトラブルが起きてしまいます。頭皮の痛みもそのトラブルの一つです。頭皮の痛みは、頭頂部や後頭部を軽く指で押すと、チクっとした状態です。そして、頭皮の痛みが激しいという場合には、頭皮神経痛の可能性が高いとも言えます。頭皮神経痛とは、頭皮の頭頂部から後頭部にかけて痛みが走る後頭神経痛と呼ばれることが多くなっています。

後頭神経痛(頭皮神経痛)【原因】

後頭神経痛(頭皮神経痛)の前兆は全くなく、頭皮の後頭部の神経がズキズキと痛みます。この痛みには個人差があり、髪の毛を軽く触っただけでも、痛みが生じる方がいらっしゃいます。このような方は、すぐに医師の診断を受けた方が良いでしょう。後頭神経痛の一番の原因は、体の疲労によるストレスです。肉体的な疲労が積み重なり、精神的にストレスが溜まることで、後頭神経痛になってしまいます。また、多くの頭皮の異常の原因と同じように、ビタミンが不足していることによって、起こります。頭皮の痛みや後頭神経痛は、脳梗塞の警告をしている場合があるので、放置せずに医者に見てもらいましょう。

後頭神経痛(頭皮神経痛)【対策】

後頭神経痛を解消する一番の方法は、ストレスを定期的に発散させることです。後頭神経痛に限らず、神経的な病気のほとんどが、精神的なストレスが原因で引き起こされています。そのため、ゆっくりと体を休めて疲れをとり、軽い運動をするなどして、リフレッシュすることを心掛けましょう。自分なりの趣味に没頭し、ストレスを発散させるのも良いでしょう。すぐに薬に頼るのではなく、心と体を正常に戻すことで、後頭神経痛が緩和されます、しかし、激しい痛みや慢性的な痛みに襲われているという方は、すぐに医師の診断を受けましょう。この場合は、症状がかなり進行している可能性があるので、気を付けましょう。

頭皮の痛みについて(あらためて)

頭皮に痛みを感じたら「頭皮神経痛」を疑ってみてください。頭皮神経痛の初期段階は頭皮がズキズキと痛みを感じます。痛みには個人差があり、自覚症状のないくらい軽い人や頭が割れるくらいの痛みを感じる人もいるようです。この頭皮神経痛が進行してくると髪の毛に風があたっただけで痛みを感じるようになります。頭皮に痛みを感じる部分としては前頭部よりは後頭部の方が多いようです。また左右のどちらかだけに痛みを感じるようです。頭皮神経痛は頭全体に痛みが走るということは少ないようです。これらの症状があれば、今すぐ病院に行ってください。

頭皮神経痛といわれる頭皮に痛みを感じる病気の多くは疲労からくるといわれています。今の社会人は残業が続き夜遅くまで働いている人、休日返上で毎日仕事をしている人がたくさんいます。休みがなく働きっぱなしでいるとストレスが溜まってきます。ストレスなんて感じていないという人でも知らず知らずのうちにストレスが溜まっているのです。この精神的なストレスで頭皮に痛みが出る後頭神経痛が発生するのです。頑張って働く人ほど出世したり、周りから認められるといわれていますが、休みは必要なのです。無理をしないでください。

神経痛が頭で起こると、ズキズキします、頭皮に走るあの痛みが偏頭痛だったり、後頭神経痛だったりするのです。あのズキズキとした痛みは頭皮を走っている血管が急激に腫れ上がり、その結果神経を圧迫するので起こるのです。頭皮痛みが走ったならならば、少し落ち着きリラックスすることです。一過性の頭痛が大半ですので、少し休憩するだけでもズキズキ感がなくなります。もし一過性でなく休んでも一向に頭皮からの痛みが消えないようでしたら、すぐに病院に行くべきです。頭はとても大切な器官ですから、すぐに対処すべきです。

頭皮神経痛になりやすいタイプの人というのは決まっています。それはストレスを溜めやすいタイプの人です。仕事上のストレスをうまく解消できないまま、毎日を過ごしていると頭皮に痛みが走ると思います。ストレスは頭皮の痛みである頭皮神経痛以外にもありとあらゆる病気の原因になります。自分なりのストレスの対処法を確立しておくべきです。運動をしてストレスを解消できる人もいれば、好きな食べ物を食べることでストレスを解消できる人もいると思います。ストレスを感じない人はいないのですから、溜まったものは吐きだしましょう。