頭皮ケア110番 > 頭皮の悩み > 頭皮のほくろ

頭皮のほくろ

顔や身体のあちこちにほくろができるように、頭皮にもほくろはできてしまいます。

皮膚と同じように頭皮にもできるので、そこまで珍しい現象ではありません。

そして、この頭皮のほくろが悪性化する可能性は低いので、心配はありません。

また、頭皮にできるほくろは、ほとんど目立たないことが多いので、精神的にダメージを負う心配はないと言っても良いでしょう。

しかし、どうしても頭皮のほくろが気になるという方は、液体窒素やレーザーを使用して、ほくろを除去することができます。

危険性の高い手術ではないので、安心して受けられます。

ほくろができる原因

ほくろは、紫外線が原因でできてしまいます。

紫外線が皮膚に当たることによって、皮膚からメラニン色素が出ます。

このメラニン色素は、皮膚の傷つきや破壊を防いでくれる効果があります。

しかし、大量の紫外線を浴びることによって、メラニン色素そのものが傷ついてしまいます。

これがほくろやシミができる主な原因です。

ほくろが形成されないようにするには、とにかく紫外線を浴びないことが重要です。

現実的に紫外線を全く浴びないということは、不可能であると言えます。

そのため、日焼け止めクリームを使用したり、帽子や日傘を使用して、紫外線から肌を守りましょう。

頭皮のほくろがかゆい

頭皮にほくろができること自体は問題ありません。

しかし、このほくろがかゆみを帯びてきたら要注意です。

かゆみが続き、ほくろがだんだんと大きくなってきたら、病院に行くことをオススメします。

場合によっては、手術が必要になりますが、難しい手術ではないので心配ありません。