頭皮ケア110番 > 頭皮の悩み > 頭皮の日焼け

頭皮の日焼けについて

頭皮が日焼けすることにより、抜け毛の原因となってしまいます。

そのため、紫外線には十分に気を付けなくてはなりません。

紫外線から肌を守るのに季節は関係ありません。

春が訪れ、夏になる前には、しっかりと紫外線対策を行っていなければなりません。

そして、紫外線対策は肌に目がいってしまう方が多いと思いますが、実は一番気を付けなくてはならない場所は、頭皮です。

頭皮が日焼けして、ダメージを負うと炎症を起こし、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。

これからの髪の発毛を損ねてしまうので注意が必要です。

「頭皮は髪の毛で守られているから大丈夫じゃないの?」と思うかもしれませんが、強い日差しを受けることで日焼けをしてしまいます。

症状として、頭皮に水ぶくれができてしまいます。

一度頭皮に水ぶくれができると、治りにくいので対策を怠ってはいけません。

頭皮の日焼け対策

手や足の肌には、塗るタイプの白い日焼け止めを使用することはできますが、頭皮に付けると白くなってしまうので、注意が必要です。

髪の毛に付ける用の日焼け止めが販売されていますので、それを髪の毛や頭皮に付けましょう。

頭皮に使用しても全く問題はありません。

また、日傘や帽子を使用して紫外線から守る方法もあります。

自分のお好きな方法を使い、紫外線から頭皮の日焼けを守ってあげましょう。

日焼け止めを髪の毛や頭皮に使用した日は、普段以上に髪の毛を丁寧に洗うように心掛けてください。

シャンプー剤と同じように、日焼け止めが毛穴に詰まり、ダメージを受けてしまうので、しっかりと洗い流すようにしましょう。