頭皮ケア110番 > 頭皮の悩み > 頭皮の炎症

頭皮が炎症する原因

炎症とは、何らかの刺激を受けたときに、身体が起こす防御反応のことを指します。

身体に良くない影響があると、頭皮も同じように炎症を起こしてしまいます。

頭皮が炎症を起こすことで、頭皮が赤くなる・かゆみを帯びる・抜け毛が増えるといった症状が出ます。

頭皮の炎症の原因は、髪の毛を洗わないことでの不潔やシャンプーのし過ぎ、日常生活が挙げられます。

日常生活とは、多量の紫外線を浴びていたり、食生活の乱れが挙げられます。

日常生活の乱れによって誰でも頭皮の炎症が起こる可能性があります。

「自分は絶対に頭皮の炎症を起こさない」という保障は全くないので、しかっりとしたケアが必要であると言えます。

頭皮の炎症を対策しよう

頭皮の炎症の症状があまりにも酷いという場合には、すぐに病院に行きましょう。

病院で塗り薬のステロイドを処方されることがありますが、副作用が起こる可能性が高いので、長期的な服用は避けた方が良いと言えます。

飲み薬で対応する場合もあるので、心配な方は医師にあらかじめ言っておきましょう。

症状がそこまで深刻ではないという方は、自分に合っているシャンプー選びが重要であると言えます。

洗浄力が強いシャンプーは、それだけ汚れを落とす力はありますが、頭皮にダメージを与えていることが多くなっています。

特に頭皮が炎症を起こしている方は、洗浄力の強い石油系界面活性剤のシャンプーを使用しない方が良いでしょう。

色々な化学成分が含まれている界面活性剤は合成界面活性剤と呼ばれています。

合成界面活性剤は水と油を混ぜるために洗剤などに使用されていますが、非常に毒性が強いと言われています。

そのため、頭皮の炎症が悪化する可能性があるので、使用を避けましょう。

少々値段は高くなりますが、天然のアミノ酸系シャンプーがオススメです。

また、自分の日常生活が乱れていないか見直してみることも大切です。

紫外線を多く受けないように帽子を被るといった心掛けも必要であると言えます。