頭皮ケア110番 > 頭皮の悩み > 頭皮のぶつぶつ

頭皮にぶつぶつができる原因

頭皮にぶつぶつができる正体は、にきびか脂漏性湿疹であると考えられます。

頭の前頭部や頭頂部は皮脂腺が活発に機能している場所なので、にきびや脂漏性湿疹ができやすくなっているのです。

脂漏性湿疹とは、主に頭部にできる湿疹のことを指します。

詳しくは頭皮の湿疹で説明しております。

この脂漏性湿疹やにきびはかゆみを帯びることが大変多いので、爪で引っかいたり、かき毟ったりすることで、血が出てしまいます。

そして、仕舞いには膿が出てくることもあるので、早急な治療が必要になります。

頭皮のぶつぶつを対策しよう

もし、頭皮のぶつぶつの正体がにきびであれば、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている可能性が高いと言えます。

そのため、シャンプーをする際にしっかりと髪の毛を洗いましょう。

この時に、シャンプー剤の洗い残しがないように、丁寧に流すことが必要です。

シャンプー剤は、自分が思っているよりも、中々落ちにくい薬剤です。

目安として、髪の毛を洗った時間の2倍以上は、お湯で流すように心掛けましょう。

1日1回のシャンプーを必ず行い、しっかりと洗い流していれば、毛穴に汚れが詰まることはありません。

また、頭皮のぶつぶつの正体が脂漏性湿疹であれば、薬を使用して治していきましょう。

しかし、自分の判断で薬を使用することは、大変危険です。

症状が酷い場合には、皮膚科の診断を受けてください。

皮膚科で処方された薬を使用していれば、改善されると思います。

脂漏性湿疹は乳児や高齢者に発症する場合が多くなっております。

稀に、成人の方が発症してしまいますが、その時は症状が慢性化する可能性があります。

そして、脂漏性湿疹の治療は、長期間に渡ってしまうので、薬を処方するだけではなく、日頃からの頭皮ケアを怠らないようにしましょう。

頭皮に異常がある時は、なるべく髪の毛をゴシゴシとせず、指の腹を使用してゆっくりと丁寧に洗ってください。