頭皮ケア110番 > 頭皮が赤い

頭皮が赤い(赤い斑点)

頭皮が赤くなっているということは、頭皮が何らかの異常を起こしていると言えます。頭皮の赤みは頭皮の血行不良によりリンパの流れが悪くなることで起こり、薄毛や抜け毛が始まる予兆ですので、しっかりとした対策を打たなくてはなりません。頭皮の赤みを放置することで、かゆみが増してしまうので気を付けましょう。さらに、頭皮に赤い斑点ができるようになると、炎症が激しくなっていることを指しています。頭皮に赤い部分が広がると、赤い部分全体の髪の毛が薄くなってしまいます。

頭皮が赤い【原因】

頭皮の赤みは炎症を起こしているサインです。正常な人の頭皮は白に近い色をしているので、普段から頭皮が赤い人は何かしらの異常があると見受けられます。頭皮の赤みの原因は、シャンプー剤が自分に適していないことが考えられます。体質によってシャンプーの中に含まれている成分が合わないことがあるのです。また、睡眠不足やストレスによって頭皮が赤くなる危険性があります。頭皮が赤いことで激しい痛みが起こることは少ないですが、異常があることには変わりありません。

頭皮が赤い【対策】

頭皮が赤くなっている場合は、まず使用しているシャンプーを変えてみましょう。石油系のシャンプーを使用していると、強すぎる洗浄力により頭皮に異常を来たしてしまう可能性があります。そのため、天然成分が含まれているシャンプーを使用するようにしてみてください。また、睡眠不足によるストレスや、偏った食生活というものは、頭皮にとってマイナスポイントになります。頭皮が赤かったり赤い斑点ができている方は、自分の生活を見直してみましょう。食生活に関しては、血液をサラサラにする効果があるビタミンEが含まれている食品を摂取するようにしましょう。例として、かつおやサンマ、サツマイモなどが挙げられます。もし、それでも頭皮の赤みが消えなかったり、かゆみが増すという方は、専門医の診断を受けるのがベストです。

頭皮の赤みについて(あらためて)

繰り返しになりますが、頭皮が赤い状態になったら要注意です。頭皮に異常があるため赤い頭皮になったと考えるのが普通でしょう。年代で言うと30歳過ぎ当たりだと一気に抜け毛が進む恐れもありますので気を付けてください。頭皮が赤くなっているなんて自分自身で確認できるはずがありませんので、家族の誰かに見てもらったり、恥ずかしい場合には鏡を複数枚利用して頭皮のチェックをしてみてください。髪の毛が長い人は髪の毛をピンで止めて、地肌を見るようにしないとなかなか頭皮を見ることは難しいでしょう。30歳代くらいからおおく見られるのです。

頭皮が赤いことが分かったら、いつ、どんなことをしたときに赤くなるのか調べてみましょう。例えば、お風呂上がりに頭皮が赤くなるケースがあります。それはシャンプーやリンスが原因になっているかもしれません。肌に合わないシャンプーやリンスがあるのです。アレルギーを持っていたりすると、ある成分と反応を起こして赤い頭皮になるのです。すぐにシャンプーやリンスを使うのを止め、アレルギー検査を受けることをお勧めします。今は科学が進歩して様々な種類のシャンプーやリンスが売られています。他社との比較をしてみましょう。

普段の日常生活から頭皮に赤みを帯びている人がいます。それは季節が夏に多いです。一見怪我をしたわけでもなく、肌に合わないシャンプーたリンスを使ったわけでもないのに頭皮が赤いのです。それはもしかしたら紫外線が原因かもしれません。肌に紫外線が当たってもメラニンが生成されて肌が黒くなりますが、頭は髪の毛そのものが紫外線を防止してくれているのです。髪の毛でも吸収しきれなかった紫外線が頭皮を痛めて、軽い火傷をした感じなのなるため頭皮が赤くなるのです。頭皮に日焼け止めクリームを塗るわけにもいかないので、帽子を被るなどの対策を行ってください。

あたなは健康な生活を送っていますか。食事においても偏食せず、睡眠時間も足りているでしょうか。このように基本的生活習慣をしっかりと成り立たせないと赤い頭皮になってくるでしょう。統計データーによると、頭皮が赤い人の多くが、生活習慣に何らかの問題を持っているのです。栄養バランスが取れていなかったり、いるもストレスを感じていたり、ゲームやテレビばかり見て睡眠時間が数時間しかなかったりと。頭皮に限らず肌年齢が若い人、いつまでも綺麗な肌でいたいと考えているのならば、生活習慣を見直しましょう。