頭皮ケア110番へようこそ!

頭皮ケア110番へご訪問していただき誠にありがとうございます。

男性女性問わず、頭皮のお悩みを抱えている方は非常にたくさんいます。

具体的には、頭皮の臭い、かさぶた、かゆみ、乾燥、にきび、湿疹、赤い、脂、痛み、フケ、その他には、男性であれば薄毛や抜け毛などは深刻な悩みだと思います。

しかし、ほとんどの方が「いったい頭皮ケアってどうすればいいの?」と悩んでいるのが現状です。

頭皮ケア110番では、様々な頭皮トラブルの原因と対策について解説しているサイトです。

当サイトが、みなさまの頭皮のトラブル・お悩みの解決に少しでも貢献できれば幸いです。

頭皮ケアについて

多くの方が様々な頭皮の悩みを抱えています。

一例としてご紹介すると、頭皮の悩みの中で多い項目として、フケやかゆみが挙げられます。

これらの現象を放置していると、将来薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

そもそも、頭皮は頭の皮膚のことを指します。頭皮にはたくさんの髪の毛が生えていますが、これは頭蓋骨と脳を守るために生えています。

そして頭蓋骨のすぐ上には骨膜と呼ばれる膜があります。骨膜も頭皮の一部分と言えますので、頭皮は非常にデリケートな部分にあると認識してもらって構いません。

そのため、頭皮に関する異常は、早めの対策が必要になってきます。フケやかゆみといった症状は、頭皮の異常のサインとして捉えられます。

フケやかゆみが止まらないという方は、自分で判断せず、早急に専門医の診断を受けた方が良いかもしれません。

 

頭皮トラブルの原因と対策

頭皮トラブルの原因と対策は、頭皮の症状によって変わってきます。

原因も違えば、その対処方法も変わってくるのは当然ですよね。頭皮ケア110番では、それぞれの原因と対策について説明をしていきます。

まず、ここでは頭皮自体のダメージについて説明していきます。

頭皮がダメージを受ける主な原因として、市販のカラーリング剤やパーマ剤の使用が挙げられます。

自宅で行わなくとも美容院でこれらの液体を使用することで、頭皮へのダメージは蓄積されてしまいます。

しかし、美容院によっては頭皮のダメージを最小限に抑える対策を行ってくれるところもあるので、自宅での使用よりは安全性が高いと言えます。

カラーリング剤やパーマ剤を使用した後の頭皮は、非常に危険な状態になっています。

カラーリングやパーマは美を求めるために必要な方もいらっしゃると思いますので、使用を止めろとまでは言いませんが、その後のケアを認識しておく必要はあります。

カラーリング剤やパーマ剤を使用した後は、頭皮に大きなダメージを与えないようにしましょう。

続けざまにカラーリング剤やパーマ剤を使用したり、ブラシを使用して頭皮をブラッシングすると、頭皮の状態はさらに悪化してしまいます。

そのため、ダメージを抑えられるアミノ酸を含んだシャンプーを使用して、優しく指の腹で髪の毛や頭皮を洗うようにしましょう。

間違ったケアを行うと、薄毛や抜け毛に発展してしまうので、頭皮を優しくケアすることを頭に入れておいて下さい。

 

頭皮の色や硬さとAGAの関係性について

頭皮の色や硬さに関しては個人差があり、AGA(男性型脱毛症)と直接的な関係性があるわけではありません。

あくまでも男性が引き起こすAGAによる薄毛は男性ホルモンが関わっており、頭皮環境の悪化が原因ではないのです。

しかし、既にAGAを発症している男性の頭皮環境が悪化していると、健康的な髪の毛が生えにくくなって抜け毛の本数が増えたり薄毛の症状が進行しやすくなったりします。

 

・頭皮の色が黄色い男性は皮脂が酸化していて毛穴を詰まらせる原因となる

・頭皮の色が赤い男性は炎症を起こし、痒みや痛みに繋がる可能性が高い

・頭皮が硬くて柔軟性が失われていると毛根の活力が弱まっている証拠

・頭皮の臭いが気になっている男性は皮脂が過剰分泌されている証拠

 

上記のように頭皮の健康状態と元気な髪の毛が生えるかどうかはリンクしていて、土台がしっかりとしていなければ太くて長い髪の毛が生えにくいのは当然だと言えるでしょう。

そのため、AGAによる薄毛を対策するに当たり、治療だけではなく頭皮環境の正常化にも焦点を当てなければなりません。

「どの病院で治療すれば良いのか?」と疑問を抱えている方におすすめのサイトを以下ではご紹介しています。

AGA病院東京おすすめ.COM

AGAの治療を行う病院の中でも東京都に焦点を当てており、おすすめのクリニックがどこなのかチェックして選び方の参考にしてみてください。